本文へスキップ

篠原城と緑を守る会

篠原城と緑を守る会

私たちは都市部に残された篠原城址と緑地を保全し、地域の人々とこの長い歴史を共有して行きたいと思い活動しています。

城址は新横浜駅から菊名駅に連なる舌状台地上にあり、中世の城址としての特徴を備えています。
この城の存在は武蔵風土記でも知られ、地元では金子城といわれていました。
平安時代末期の武将 金子十郎家忠の居館と伝わり、戦国時代には小田原北条氏の支配下となり、
最後の城主が小机篠原城代官金子出雲守でした。

城内にはかつて杉山神社があり、周辺に鎌倉道が通っていました。
また、氏寺長福寺には金子出雲守が造立した薬師如来像が安置されています。

2011年の発掘で堀やカワラケが発見され戦国時代以前の城であることが確認されました。

お知らせtopics


篠原城址緑地 特別公開中止のお知らせ


2020年3月28日(土)開催中止です。

3月28日に開催を予定しておりました「篠原城址緑地 特別公開」につきまして、
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により開催を中止とさせていただきます。
事前に参加申込いただいた皆さま大変申し訳ございません。
今後の開催等につきましては、改めて検討の上ホームページ等でお知らせする予定です。



杉山神社フォーラムIV

2020年03月07日(土)13:00〜16:00
開催を延期いたします。

新着情報news

2019年1月20日
情報を更新しました。

篠原城と緑を守る会

〒2220026
横浜市港北区篠原町2754長福寺気付

篠原城と緑を守る会